千葉センシティ矯正歯科 | 千葉駅直結 矯正専門医によるマウスピース・ワイヤー矯正

050-5526-2135

千葉駅直結 

土日診療あり

無料カウンセリング予約

受け口の歯科矯正治療例

矯正歯科コラム

投稿日:2022年 07月 03日

最終更新:2022年 07月 11日

この記事の著者 石川宗理
Invisalignダイヤモンドプロバイダー 当院では、患者様それぞれのニーズに合った矯正治療を心がけております。

受け口の症状とは

上の前歯が内側に傾いているか、上あごが小さく下顎が大きくより下顎が前の位置にある状態を反対咬合(はんたいこうごう)といいます。上の前歯よりも下の前歯が前にあることから一般的に「しゃくれ」とも呼ばれることもあります。

受け口の原因

遺伝的要因として、下の顎骨が大きい、あるいは上の顎骨が小さいこと挙げられます。また、舌が短いことも要因の一つとされています。上顎を押すことが出来ずに成長を止めたり、下顎を余計に成長させるといった影響を及ぼす場合があります。

後天的要因として、上の前歯が内側に生えてきたり、下の前歯が外側に生えてきたりすると、受け口になりやすいです。上唇を噛む、舌を突き出す、といった習慣によって歯が生えてくる位置や傾きの異常は引き起こされます。

受け口のリスクのついて

言葉が聞き取り辛いと言われ発音に自信を失くしたり、見た目によって内気な性格になる方も少なくありません。

受け口の場合、口を開けることで受け口感を減らせるため、口を僅かに開けた状態にしている方もいます。これにより口腔内が乾燥し、口臭や法令線が現れたり、鼻の下が間延びするなどの審美的な低下を招くことがあります。

噛みやすい位置を探そうと顎を動かすことで、さらに咬み合わせを悪化させ、顎の骨の負担が大きくなってしまいます。歯周病や顎関節症にかかるリスクも上がるため、症状がみられたら早期の治療が大切です。

受け口の基本的な治療法

軽度であれば前歯を後ろに下げるのに特化している裏側矯正が有効です。ワイヤー矯正やマウスピース矯正を用いた治療も可能です。中度であれば小臼歯の抜歯が必要になる場合があります。

受け口の歯科矯正治療例( 10代男性 治療期間:3か月 )

年齢:10代男性 治療期間:3か月 抜歯部位:非抜歯  備考:部分矯正治療、床型矯正装置

10代の男性です。前歯が逆に噛んでいることを気にされて来院されました。分析の結果、部分治療によって前歯を改善するプランと、本格矯正でかみ合わせをさらに改善するプランを提示しました。問題点が前歯部のみに集約していることから前者のプランで治療を行いました。床型矯正装置を用いてかみ合わせを一時的に上げながら装置のスプリング左上の歯を移動させました。状況によってはブラケットやマウスピースを用いずに状況を改善することができます。

この記事の著者 石川宗理
Invisalignダイヤモンドプロバイダー 当院では、患者様それぞれのニーズに合った矯正治療を心がけております。