千葉センシティ矯正歯科 | 千葉駅直結 矯正専門医によるマウスピース・ワイヤー矯正

050-5526-2135

千葉駅直結 

土日診療あり

無料カウンセリング予約

過蓋咬合の歯科矯正治療例

矯正歯科コラム

投稿日:2022年 07月 03日

最終更新:2022年 07月 11日

この記事の著者 石川宗理
Invisalignダイヤモンドプロバイダー 当院では、患者様それぞれのニーズに合った矯正治療を心がけております。

過蓋咬合の症状とは

上下の歯を自然に閉じた際、下の歯が見えないほど上顎の歯の咬み合わせが深い症状を過蓋咬合(かがいこうごう)といいます。前歯で食べ物を噛めないことで奥歯の咀嚼頻度が高くなるため、奥歯をはじめ、顎関節や顎の筋肉に大きな負担がかかります。また、上顎前歯の歯茎に下の歯が当たり、傷ついた部分の骨が吸収される可能性も高くなります。過蓋咬合は、歯は綺麗に並んでいる場合も多いため、咬み合わせの異常に気づきにくい不正咬合といえます。

過蓋咬合の原因

遺伝的要因として、上顎が下顎よりも相対的に前に出ていることによりおこったり、前歯が伸びすぎていることによりおこったり、奥歯が伸びきっておらず高さが足りていないことなどが考えられます。

後天的要因として、乳歯を早期に失ったときに咬む力に耐えきれず虫歯で奥歯を失ったまま放置していることや、歯を噛み締めるなど日頃の何気ない癖が原因として挙げられます。

過蓋咬合のリスクのついて

放置したままにすると笑ったときに上あごの歯ぐきが見えるガミースマイルになる可能性があります。前歯が空気に触れる時間が長いと歯が乾燥してしまい、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

噛み合わせが悪いため、歯ぎしりや食いしばりなどがあると、歯や歯茎に負担がかかります。これにより歯が欠けたり、歯肉炎を引き起こしたりします。

顎の関節に負担がかかって痛みが出たり顎が開閉が不自由な状態になることがあります。動かしづらい期間が長引くと顎関節症を発症することもあります。

過蓋咬合の基本的な治療法

ワイヤー矯正やマウスピース矯正、セラミック矯正などで奥歯の高さを出して噛み合わせを安定させます。これらは一定の時間以上つけていないと治療効果が得られず、治療期間が長引く恐れがありますが、治療により将来きれいな歯並びを手に入れられます。

過蓋咬合の矯正治療例(40代女性・治療期間8ヵ月)

年齢:40代女性 治療期間:8か月 抜歯部位:非抜歯  備考:日中の食いしばりと夜間の歯ぎしり、インビザラインにて治療

40代の女性です。上の歯の突出感と下の歯の凸凹を気にされて来院されました。分析の結果、かみ合わせがかなり深く、通常のワイヤー矯正では最初にかみ合わせを上げる処置が必要になり、治療期間が長くなることが想定されたことから、インビザラインによる治療を選択しました。また全体的に上の歯が前に出ているため、上の奥歯から一本ずつ後ろに送り、前歯の出ている状態を改善し、下の歯はやすり掛けをして少し歯のサイズを小さくしながら凸凹を直しました。マウスピース矯正の多くは奥歯を動かすことができるものは少なく、今回の場合凸凹をとるだけだときれいな出っ歯になるのですが、インビザラインは奥歯の移動を得意としているため、前歯の関係も改善されました。

この記事の著者 石川宗理
Invisalignダイヤモンドプロバイダー 当院では、患者様それぞれのニーズに合った矯正治療を心がけております。