千葉センシティ矯正歯科 | 千葉駅直結 矯正専門医によるマウスピース・ワイヤー矯正

050-5526-2135

千葉駅直結 

土日診療あり

無料カウンセリング予約

八重歯・叢生の歯科矯正治療例

矯正歯科コラム

投稿日:2022年 07月 03日

最終更新:2022年 07月 11日

この記事の著者 石川宗理
Invisalignダイヤモンドプロバイダー 当院では、患者様それぞれのニーズに合った矯正治療を心がけております。

八重歯・叢生の症状とは

叢生(そうせい)とは、歯の並びがでこぼこしている歯列のことで、正式には乱杭歯(らんぐいば)といいます。顎に対して歯が大きく、十分な空間が無い場合に歯列からとび出してしまいます。日本人の不正咬合の中で最も多い症状です。

八重歯・叢生の原因について

先天的要因として、顎が小さい、歯が大きいことが原因として挙げられます。

早期に乳歯を抜歯した場合や、奥歯の乳歯が虫歯になってしまった場合などに残りの乳歯の位置が前に移り、スペースがなくなることで互い違いな見た目になってしまうこともあります。

おしゃぶりの使用期間が長かったり、離乳時期が遅いと頬の筋肉が緊張してしまい、顎の骨を圧迫し、成長を妨げることで顎が小さくなってしまいます。

八重歯・叢生のリスクのついて

他の歯と重なっているので、歯が磨きにくく、虫歯や歯周病になりやすい歯並びです。噛み切ったり、すり潰すことができないため、胃腸が弱いといった症状が出ている方もいます。

叢生に加えて、前歯が出ている、奥歯のズレ、噛み合わせの前後・左右のズレ、口が閉じづらいなどの症状が組み合わさって、より複雑な状態でいることが多いです。

八重歯・叢生の基本的な治療法

八重歯の程度があまりきつくない場合は、歯の両サイドをおよそ 0.2~0.5mm 削るスライス治療を施します。八重歯がきつい場合は、八重歯の隣の歯(小臼歯)を抜いて、空いたスペースに八重歯を移動させて治します。

八重歯・叢生(凸凹の歯並び)の矯正治療例(20代女性・治療期間2年)

年齢:20代女性 治療期間:2年 抜歯部位:上下左右一本ずつ  備考:アンカースクリュー使用

20代の女性です。上下の凸凹を気にされて来院されました。分析の結果、上下の左右の歯を一本ずつ抜歯を行いました。奥歯のかみ合わせを改善し、横顔を良好にするために、アンカースクリュー(ネジ)を使用しました。アンカースクリューを用いたおかげで、口元や歯の傾きの改善がかなり理想的な位置に変化することができ、顎間ゴムの使用もせずに効率的な治療が行えました。患者様も治療途中から口が閉じやすくなり、大変喜んでいただけました。

この記事の著者 石川宗理
Invisalignダイヤモンドプロバイダー 当院では、患者様それぞれのニーズに合った矯正治療を心がけております。